運動していないから太るは違う

体脂肪を減らすためには有酸素運動をすればいいと言われています。有酸素運動といえば、ウォーキングやジョギング、水泳などがありますね。
この有酸素運動とは酸素をしっかりと吸いながら行う運動のことで、脂肪をエネルギーに変えて行う運動になります。
ですから有酸素運動をすれば、脂肪が燃焼されて、結果的にダイエット効果があるということになります。
有酸素運動というのは激しい運動ではなく、あくまで楽に呼吸ができるような運動です。
イメージとしてはお話しができながらできる運動ですね。長い時間継続出来る程度の軽い運動が有酸素運動になります。
息が切れるほどの激しい運動をすると、糖質をエネルギー源として、脂肪がほとんど使用されなくなります。
激しい運動の方が痩せそうなイメージがありますが、実際には軽い運動の方が脂肪が燃焼されるので痩せていくのです。
ですからダイエットのためには軽い運動を定期的に続けることがとても大切なのですよ。
ちなみに脂肪がエネルギー源となるのは、有酸素運動を開始して20分後からと言われています。
ですから長時間続けないと意味がないので、軽く運動をしましょうね。
とはいえ、ダラダラとやっていては意味がないので、そこは勘違いしないようにしましょう。

脂肪燃焼の効果を下げている原因

ウォーキングは負担が少ない運動ということもあって、運動不足の人でも始めやすい運動といえます。
それにウォーキングは有酸素運動なので、しっかりと行うことで脂肪の燃焼効果がありますからね。
体の脂肪をエネルギーに変えて行う運動です。ただ、脂肪をエネルギーにするのは運動を開始してから20分以上経ってからと言われているので最低でも30分はウォーキングを続けたいところですね。
30分といえば、案外長いので運動不足の人には大変かもしれません。そもそも時間が作れない人だっているかもしれませんね。
それでも徐々に距離を伸ばしていくなどして、負担をあまりかけないように運動をしていきましょう。
続けることに意味があるので、とにかく継続させることが第一です。
そしてウォーキング中に大切なのは体を止めないことです。信号待ちなどでも体を動かしている方がいいですよ。
軽くストレッチをしたり、足踏みをしたりしていましょう。もちろん、無理をしてたくさん動いていれば良いと言いものでもありません。
たくさん動けば脂肪が燃焼されるというものでもないですからね。
激しい運動は脂肪の燃焼効率が下がるので、脂肪を燃焼さえるためには、軽く息が上がる程度の負担にしておきましょう。

更新情報

△PAGE TOP